« SONY SRS-X1 Bluetooth スピーカー | トップページ | SONY SRS-X33 »

2016年2月14日 (日)

Wi-Fiルーターを替えた

Wxr1900dhp2


無線LAN親機(Wi-Fiルーター)というやつを替えました。

BUFFALO AirStation HighPower Giga WXR-1900DHP2 というモデルです。

従来はこのブログでも書いてますが、AppleのAirMac Time Capsuleを使っていました。

どちらも現状最速のIEEE802.11acの3ストーリムに対応しています。
(次期高速規格がもう出るようですが…)
AirMac Time Capsuleには2TB HDD搭載だったのでNAS機能もあります。

さて、なぜ買い換えたのか…

AirMac Time Capsule不満点。(以下は主にMacBook Proで)

1. この1年くらい、ログインできなくなる不具合に悩まされた。

めったにログインなんてしないんですが、長期間放置するとパスワードを受け付ず、ログインできない状態になるんです。最初は外付けHDDが怪しいのかと疑いましたが(HDDケースがよろしくなかった)、外しても同じ結果でした。

※普通に通信はできているので普段はまったく気づかないのです。AirMacユーティリティを起動して気付きました。

2. 上記の状態になってしまうと、ハードウェアリセットもできない。

ソフトウェアリセットができないので、リセットボタンを押してリセットしようとしてもまったく反応しません。結局電源コードを抜いてリセット、ということを繰り返しました。

※繰り返しますが、通常の使用において「通信」ができるので普段その状態(AirMacユーティリティでログインできない不具合)になってることに気づきません。

3. NAS機能は最近使っていなかった。

バックアップも他でとっていたので。2TBは中途半端だった。自分には4TB必要だった。

4. YouTubeのフルHD動画の再生にひっかかりが出ることが増えた。

YouTubeのHD動画で、読み込みで止まってしまったり、自動判定でSD品質になったり、Wi-Fiをうまく受信できていないような症状が出ることがすごく多くなった。とくにシークバーを動かすと読み込みにすごく時間がかかることが多くてストレス。初期の頃はこんなことなかった…気がするのですよ。

しかし、電波状況を調べても問題無さそうだし(メニューバーのWi-Fiのところをait+クリックすると接続状況が確認できる)速度計測アプリを使ってもそれなりの速度は出ているので何が問題かわからない。

5. iPhoneで、AirPlayをしようとすると、相手先を探すのに時間がかかりすぎたり、結局見つからずってことがあって再起動とかすることもあった。

もう、こうなるとWi-Fiルーター替えたほうがいいだろう、という結論に。

NAS機能は要らないので、同じAppleの AirMac extremeでも設定も簡単だし良かったのだが、ほぼ仕様としては今使っているものと同じなので意味はなうだろうということになり、久しぶりにBUFFALOのものを導入してみることにしたのです。


ここまで長いな(;´Д`)

NECでも良かったのですが、レビューとか読んでるとMacBook Proにはこっちなのかな〜ってなんとなく。ほんと、なんとなくです。(見た目的にはNECのほうが好みだったが)

見た目、三本のアンテナがものすごく目立つデザイン。これで電波を飛ばす方向を設定できるらしいのですが、正直いって見た目ダサい。Appleとくらべてるとあきらかに自分の趣味ではないわ(;´Д`)

でも、まあアンテナで「電波飛ばしてますよ!」という主張なんだな、ということで受け入れることにした。要は「速い」「安定」してればもう文句はありませんよ(;´д`)トホホ…


で、接続は以前の印象よりも格段に接続は簡単になってましたね。

相変わらず、難しい専門用語だらけで「これ以上やりたい人は自分で勉強してね」って感じで、ネットワークの名前とパスもデフォで決まっているという…(自分で好みに修正できるようだが)

自分は特に苦にはならなかったが、機械が苦手な人は苦労するかもね〜。

昔のモデルとちがってAOSSとかいう機能も便利だった。Apple製品は関係ないんだけど、ソニー製BDレコーダーとかはこれで自動で設定してくれるし。

 ー というか、我が家はWi-Fi機器多すぎだよ(;´Д`)

iOS、Androidについての記述もあるので、けっこう簡単にできるんじゃないかなあ。


で、結果。

結構速くなった!

見た目は悪いが(しつこい)、速くなった!!!!


YouTubeのHD動画を見ても読み込みが速い!
まだ読み込まれていない部分をクリックしてもすぐに追いつく!ストレスがほとんど無い。これはいいぞ!

いや〜マジで助かるわ。これがネックだったからね〜。

ちなみに、iPhone 6s PlusでRBB SPEEDっていうアプリで測ってみたら、

AirMac Time Capsule 下り 125.44 Mbps  あれ? 11nなみか…
WXR-1900DHP2 下り 322.67 Mbps

ということで、数字上でも速くなってた。体感上はほぼ満足レベルです。


|
|

« SONY SRS-X1 Bluetooth スピーカー | トップページ | SONY SRS-X33 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONY SRS-X1 Bluetooth スピーカー | トップページ | SONY SRS-X33 »