« タブレットの限界 | トップページ | iPhone SE やめました »

2016年4月 4日 (月)

iPhone SE 買いました

Iphoneserosegold

とりあえず、ね。

iPhoneなので、そこらじゅうでもう詳しく解説されてるしレビューもいっぱいですが。

自分が買った理由は

「通信できるiPod touchのパワーアップ版」

というところだ。

以前から、通話いらないからiPod touchにiPadみたいなLTE通信機能つけてくれてってずーっと思ってた。iPod touch使うと通信したくなるから。でもテザリングとかWi-Fiルーターとかやっぱり面倒だし。

だからそんな俺にはピッタリだった。

現在は iPhone 6s Plusメインで、その2台めの役割として実は無理して買った6sを使っていたけど、この役割にね、ピッタリなんですよ。(前の6を処分せずに2台目として使うはずだったんだけど、SIMフリーじゃなかったことと、やっぱり新しいのが欲しかったという理由で6sを2台めとして導入してた)

iPodとして使うのもそうだし、大きくてバックに入れてる6s Plusのサブとしては、ポケットに入って片手でラクチン操作をしたかったのに6sでは微妙に大きいのですよ。

実際には8:2くらいでPlusを使っている。結局6のときから変わらず、この1年半は5.5インチはメイン。ネットその他ほとんど。4.7インチはiPod代わりとポケットからさっと出して軽く確認程度の使い方になってた。

だから今度のiPhone SEはピッタリなのだ。

で、わざわざ買い換える必要はあるのか?

となると、そこは趣味だから(;´∀`)

としか言いようはないな。


3種類を使ってきた自分としてのこのサイズの差。

○5.5インチ
・カバンで持ち歩く
・両手で使うの全然OK(スクロールくらいなら片手でもできる)
・とにかく大画面、情報量の多い画面が必要

○4.7インチ
・サイズ感と使いやすさのバランスとしては最強。
・だから1台だけ持つならコレ。
・意外と片手でいけるところは多い。
・ポケットはイケる服と行けない服とある。

○4インチ
・とにかく片手で使いたい
・ポケットに入れて使う
・画面の情報量は気にしない

当たり前だけどこうなるだろう。


実際のiPhone SEの印象。

自分は毎年新製品が出るたびに買い換えてるので、2年半前までiPhone 5(シルバー)、1年半前まではiPohne 5s(スペースグレイ)を使用していたので、4インチはそれ以来。

そのせいかどうかわからないけど、意外と新鮮に感じるんだよね。

よくまあ、こんな小さな画面で使ってたな、って店頭でまだ販売してる5sを見ながら最近は思ってたけども。4→5→6/6Plusと画面が大きくなるたびに喜んでるんだよな、俺。

でもここで4インチに戻ってみて、なんか小さいのに高性能が詰まってる感があっていいね。

デザインもiPhone 5の時代そのままなんだけど(エッジの処理がテカテカじゃなくてマットになった)、完成度は高かったということだよね。

6以降の丸みのあるデザインが好きだけど、フラットでエッジのたった(やや厚みがあって)SEのデザインもいま見ても悪く無いね。


新製品になってもデザインが変わらないっていうのはMac(iPadもそうかな)で慣れてるけどね。

ただ、6が出た時のDラインって世間でも不評で自分も好きじゃなかったけど、今見るとDラインくせになるんだよね。

7の噂が出た時のDラインを消した画像見るとものすごく物足りなくなってるから。

で、今度もローズゴールド買ってみたんだけど、その色はいいんだけど背面の白い部分と合わせてみると、今は正直微妙な感じに見えるから不思議だ…


チップも最新になりメモリも2GBということで随分スペックアップしたんだけど、今回5sから据え置きだったのは
○液晶
○Touch ID
○Facetimeカメラ
が主なところだったと思う。

液晶は全然不満が無いのでスルー。

FaceTimeカメラは画素数が少ないのもそうなんだけど、最新の6sもそうなんだけど、フラッシュよりも「広角」なんだよね。欲しいのは。自撮り棒なんて必要ないくらいのやつ、それを載せなければもうどっちでもいいというのが今の考え。

1番問題だったのは、第一世代のままのTouch ID。というかホームボタンかな。

Touch IDの反応速度は問題じゃない。5sのときから早かったし。
精度はイマイチだなって思う。6sの場合は指のフチがちょっとあたってるだけで反応してくれたりするんだけど、SEのはその感覚で使うと「もう一度ふれてください」になっることがあった。6sのようにラフにはいかないようだ。

そして1番のガッカリポイントはホームボタン。「あれ?こんな感じだったかな?」というくらい反応が鈍く感じる。

タッチの精度と同じで、ようするに6sのホームボタンと同じ感覚で軽くポツって押しただけではホームボタンが反応しないときがあるのだ。6sはわりと軽く押しても反応がするが、SEはしっかり押してあげないとダメなときがあって。ストロークが深いわけじゃないけどそう意識して押したほうがいい。

5sはどうだったかな〜こんな感じだったかな〜 わからないわ。これが慣れるのにちょっと時間がかかるかも。

後は電源ボタンの位置かな。すっかり右横に慣れてるのでまた上になったので一瞬戸惑う。でもこれはまた慣れるだろう。


結論。

持ちやすい、操作しやすいっていうのは「性能」なんだなって。

いまんとこそんな感じ。


Iphoneserg00


Iphoneserg01


Iphoneserg02
 (iPhone SE と 6s)

|
|

« タブレットの限界 | トップページ | iPhone SE やめました »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タブレットの限界 | トップページ | iPhone SE やめました »