« h.ear go(SRS-HG1)買ったよ | トップページ | 上野樹里さん、ご結婚おめでとうございます »

2016年5月21日 (土)

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカー

Flp3yl

JBL FLIP3 Bluetoothスピーカーを買いました。

ヤバイですね〜。
興味があるのはもうどんどん買っちゃう(;´Д`)

そんなに高価なものでもないのでね。

このまま最終到達地点はこの部門で人気ナンバーワンといえるだろう
SoundLink Mini Bluetooth speaker II
Slinkminiii_main_c
までいっちゃうかな?と思ってたのですが、思いの外このJBLが良かったのでやめようかとちょっと考えました。


もともとこのスピーカーを買おうと思ったのはお風呂で使えるスピーカーで、今持ってるソニーのSRSーX1よりも音質の上のものが欲しいと思ったから。

SRS-X1はサイズとか仕様からさすがに音が団子状態なところがあって、高域も低域も伸び悩み。その中で一生懸命音作りしてるところがあるんだけど、全体に詰まってるっていうかね。そういうのが気になりだしちゃったわけです。


候補としては、このJBL FLIP3以外に上位モデル?のCHARGE2+、それからソニーのSRS-XB3でした。

CHARGE2+は評判ではこのFLIP3に音は近く、スマホなどに充電できる機能があるそうで、キャンプやその他持ち出すことが多い場面では活躍しそうですけど、自分の使い方じゃないのでパス。

ソニーのSRS-XB3はけっこういいレビューもあったりするんだけど、重低音重視ではないことと、デザインが好みでないこと、ちょっとこれまでソニー製品が続きすぎたので違うものを、ということでパス。

で、残ったのがこれですね。

Jblflip3

アップルの影響なのか、近頃のこういったガジェット商品は5色以上のカラバリがあたりまえなものが多く、FLIP3は8色展開で人を悩ませる。無難な黒にするか、JBLといえばオレンジだし、落ち着いたグレーもいい、いろいろ考えたあげくこれまであまり手にしてなかったカラーのイエローに決定。

関係ないが、自分はiPhone 5cならイエローが1番だったと思う。
5cのイエローは明るくポップだったがJBLは少し暗い感じで日本の山吹色といえるかも。

デザインはJBLというとクラシックなオーディオ系や無骨なプロオーディオ系とはまた違ってポータブル系やデスクトップ系はかなり独特かつ奇抜なデザインが特長。これも円柱に網掛け、ストラップ(紐)が付属していてよりポータブル機器という性格が強いデザインだ。外に持ち出すならBOSEやソニーより合ってるように思う。


付属の説明書が多言語でかなり見づらく、また説明も「?」でハッキリ言って良くない。これでOKと思ってるのだろうかと不信感はある。
だいたい感で動かせるからいいけど。

電源ONのときの効果音は「クールだろ?」っていいたいのかなというアメリカンな感じ。それはいいんだけど多くのレビューでみられるとおり「うるさい」。アウトドアではカッコ良さそうだが、室内で使うにはうるさいね。もっと音量を抑えてほしい。

その電源ボタンだが、真後ろにあって突起凸もないのでちょっとわかりづらい(マイナス状の凹みはある)。モバイル時の誤動作防止を意識しているのかボタンは固め。位置といい硬さといい、置いて使うことは優先してデザインされていないのだろう。

それから気になったのは、電話の受話器マークのボタンで「再生」「曲送り」というのはちょっと考えなおして欲しいな。細かいことが気になる僕の悪い癖(右京さん風)

謎の砂時計みたいなボタンは「タイマー?」と思ったらどうやら2台目を追加してステレオ再生するするための接続ボタンのようだ。わかりづらい… 5つの点々のインジケーターも何を表示するのか謎。バッテリー残量ですか?


さて音質。

1万ちょっとで買えるワイヤレスの小型スピーカーとしてはかなり秀逸だと思う。エージング無しで最初からいい音がした。これを聴いてBOSEを買うのをいったんやめた(実はすぐにでも買うつもりだった)。

コーデックは何も情報がないのでSBCだろう。
シンプルでイコライザーも無い。

音の味付けが薄くて艶や音場感が薄めなのは音質設計なのかSBCコーデックのせいかはわからない。BOSEヘッドホンもその傾向にあるからなあ。SBCでもいい音が出るものは多いんだけど、薄味な音って聴き疲れはないんだけど、聞き飽きるっていうのはあるんだよね。味わいがないから音質に関する満腹中枢的なものがイマイチみたされないっていうか。
変な表現で伝わらないな、これ(¯―¯٥)


SONYのSRS-X33も同じ価格帯としてはかなり良くて満足感高かった。あれはかなりドンシャリな音作り。ドンシャリ傾向の音は好きだし広がりを与えるエフェクトも良くて個人的にはツボのスピーカーだ。音の傾向は最近のEDMとかには向いているのかもしれない。重低音が流行らしいのでしっかりとしたマーケティングで作っているのだろう。(もちろんBOSE対抗で)


このFLIP3はずいぶんとバランスがいい。高域から低域まで物足りないと思わせないし過剰なこともない。自分にはそれが聴きやすさにもつながっている。比較するとX33は過剰な演出で人工的すぎる音作りが見られたので対照的。

左右にある見た目にも重要なパッシブラジエーターのおかげで低音もいい。デスクを揺るがすような低音とかは出ていないけど、低音が鳴ってる感はあってベースの音が聞けないようなことはない。
もともとJBLの小型スピーカーって中域高域の反応がいい印象があって(名機control oneはウーファーが文字通りボロボロになって穴が空くまで使い続けましたよ)、これもその印象どおりの音がする。そこに低域を補っている感じ。

当然小さいものが鳴ってるので音場感とかステレオ感はまったくない。
パワーはそれなりにあるので8畳位の部屋でも十分鳴らせると思う。聞く位置に関しての変化は少ない。

音に関しては上をみたらキリがない。何度も書くが、1万ちょっとで買える500ml缶程度の大きさのスピーカーとしては十分だろう。物足りない人は倍の価格のBOSEとかh.ear go、JBLでも上位機種を買えばいい。(ΦωΦ)b


音やデザインに関しては第一印象としてはかなり満足。ハーマンは会員にならないと説明書をダウンロードさせないという会社らしいので正直好きじゃないんだけどさ(;´Д`)


ちなみに、iPhoneでもオートスタンバイ機能が働く。何度かやってみたが、30分なのか1時間なのか違いはあって、その条件がよくわからなかった(バッテリー残量とか?)が、とりあえず自分でもその機能が有効であることは確認できた。このあたりはソニーの仕様との差だ。こっちが普通だと思うけどね…。

今後使っていくうえで良かったこと、気づいたこと、気になったことなどいろいろ追記していこうと思う。

あと、もう1個買い足してステレオにするかどうしようかな。上で書いたように電源ボタンとか押しづらいし設置して使うにはちょっと使いづらそうだからなあ。ちなみにお風呂スピーカーとして使うと最高だったからこのまま1台で使うか。
悩むわ〜。
不思議と何個か欲しくなるスピーカーなんだよな(;´∀`)




2016.5.22 追記

説明書が酷いと書いたが、中に入っていたメーカーの付属品はほんとダメで使い物にならないが、箱に後ろに張り付いている袋の保証書の下に日本向けの説明書が入っているのを見つけた。パッケージは出来上がってるから輸入したときに添付(もしくは工場から日本向けへ出荷するものに貼って出荷)してるのだろう。保証書なんて壊れるまで触らないから、最初ぜんぜん気づかなかった。「もしや?」と思って開けてみたら入ってた。そうだよな、アレじゃひどいもんな(;´Д`)

説明書にはオートパワーオフは10分だと書いてあるが、自分がテストしたときはもっとかかった。何が違うんだろうね。


2つ買ってステレオ再生したい気持ちは強いんだけど、たぶんしないと思う。スタンバイからスマホ操作で自動で電源ONにならないので、2個とも電源を毎回手動で入れるのは面倒だと思うから。電源ボタン押しにくい欠点、たったそれだけでも人間は面倒なことはしないもの。しかも面倒くさがり屋の俺のことだしね。HORIZONのように(Bluetoothで接続が維持されて)自動で繋がればいいのだがそういう機能は無さそうだ(あるの?)。まあ繋ぎたくないときもあるだろうから、どっちがいいのかって話もあるけど。

スタンバイ状態からオートでネットワーク接続できるソニーなどCASTに対応している機種はその点では優秀だが、ただし常時電源につないでおく必要がある。Bluetoothだといったん電源が切れると接続操作を結局iPhoneでやり直すのでやっぱり面倒なのは変わらない。手元で電源入れられるのならそのほうが早いか…。こんなところでHORIZONの便利さに傷づくとはね(;´Д`) FLIP3以上の高音質を持ったHORIZONの上位モデル出ないかな

|
|

« h.ear go(SRS-HG1)買ったよ | トップページ | 上野樹里さん、ご結婚おめでとうございます »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« h.ear go(SRS-HG1)買ったよ | トップページ | 上野樹里さん、ご結婚おめでとうございます »