« SRS-ZR7買いました | トップページ | Bose SoundSport wireless headphones »

2016年6月26日 (日)

SRS-HG1を2台使ったワイヤレスステレオ再生に挑戦(追記あり)

Hg1stereo
(画像は公式サイトのイメージ画像より)


気になって仕方がなかったので、結局やってみた。
(;´∀`)

予定外にZR7を買っちゃったのものだから予算がなくて、家にある使ってないスピーカーとかヘッドホンとかいろんな小物を総動員して処分してなんとかお金作った。ポイントも残っていたし、なんとかなるもんだと驚いた
(;´Д`)

今1番自分の中で面白いことなんだよね〜。


まあ、開封とかは2台目なので感動も新鮮味もなくサクサクと。

USBで充電しつつ、ネットワーク接続。

このあたりの設定は購入したころと違ってなんか簡単すぎであっけない。ZR7でも書いたけど。

電源オンにしたら、iPhoneのSongPalを起動。
「設定が必要です」と出るSRS-HG1が出てくるので選択→あとは指示通りにポチポチボタンを押していくだけでWi-Fiネットワーク接続の設定は完了する。(iPhoneの設定を読み込んでるんだろう)

Wi-Fiによるワイヤレス ステレオで使うつもりなのでBlutoothは省略。
(使うときはペアリングするだけなので問題など何もない。なお、ZR7やHG1のワイヤレス ステレオはX11のようにBluetoothではなくWi-Fiだけらしいので注意が必要)

ネットワーク接続が終わると次の画面で「アップデートがある」と表示された。現在のバージョンがいくつかも確認することもなく「ああ、6月になったら2.0になるよ」「ステレオ再生できるよ」ってあれねって知ってるからもうそのままあアプデート開始。数分で終わった。

というわけで、設定等終了。

あとは音楽を楽しむだけだが、今回はここから2台をペアでステレオで使う設定を行う。

しかし、これも簡単だ。

やりかたはこちらを。

とりあえずSongpalで再生に使うスピーカーを選ぶ→「他の機器とグループ作成」を選択→左を選ぶ→右を選ぶ→終了だ。
簡単だな。

逆に問題なのは、見た目上左右は同じ機種、同じカラーでポータブル機。うっかり左右を間違わないように注意しないとね。

※間違っても編集で「解散」すれば2台バラバラに戻る。またワイヤレスステレオにするなら再設定すればいい。

どうやら最初に元にしたほうがマスターになるらしいのだが、マスターがどっちであろうと本体の左右どっちのボタン(音量やEXTRA BASS)を押しても同期するようだ。

最初CUSTOM EQ設定をまだしていなかったHG1から左を作ったら、作成されたグループのサウンド設定をしようとしたら何もできていなかったので新しくEQを設定したら、解散後もその設定が引き継がれていた。また、もう1回グループを作ったらそのEQ設定も引き継がれていたのでそういうことだろう。(※いろんなケースを試したわけではない)

iPhoneのSongPalでグループを作ったのだが、XPERIAのSongPalからはグループとそれを構成しているはずのHG1単体も両方選べるようになっていたので(iPhone側ではHG1単体は見えない)、どうなるかHG1単体を選択してみたら強制的にグループは解散になった。(ディスコネクトとメッセージが聞こえた)。このあたりはまだこれからのアップデートで修正されるのかもしれない。

Sogpalstere


さて、肝心なワイヤレスサウンドだが…

これはいいね!!(ΦωΦ)b

左右を買った時期が違うので、一方は買ったばかりで鳴らしこみ(エージング)にかなり差があることは前提としているので今後印象も変わるかもしれません。

最近は1BOXのスピーカーばかり使っていて、BOXならでは音の出口が狭いことにもすっかり慣れていたし、狭い点から再生されるサウンドにもまた魅力を感じてはいたが、やはり左右が開くことによってステレオイメージが広がるというのは違う。

変な言い方だが、この手のスピーカーは「小さいながらに頑張ってる感」が出てるときがあるんだけど、ステレオにすることで広がりがでるせいか、それを感じにくくなる。(;´∀`)

CAS-1を試聴したときのような包まれるような音場感とピタッと決まる定位感とまではいかないが、単純に気持ちがいいし、ステレオにするだけで音質が上がったようだ。なんでだろう。

とくにハイレゾを再生すると「やっぱりいいよね」と納得の音質だ。1台のときにはここまで思うことは正直なかった。


単体で使ったときの「FLAT」「ClearAudio+」はすごく地味な音だったイメージだった。けっこうボリュームを上げてやらないと本領を発揮しないところがあったので、やや引っ込み気味になるがEQで音作ったほうがいいなあという感じでそうしてたのだが、ワイヤレスステレオだと全然違うのには驚いた。

これからは基本的に「ClearAudio+」が標準でいいだろう思える。高域の出方は従来からまあまあ良かったのはもちろんのこと、不満だった低域もどっしり重低音とはいかないが、ベースラインもほどよく聞こえるし、ようやくデュアルパッシブラジエーターが効いてる印象だ。そしてなんといっても魅力は豊かな中域だと思う。超小型なので思い切ってドンシャリに振ったりして「小さいのに凄い低域」としがちな製品も多いように思うが、これはそうじゃない(EXTRA BASS機能もあるが)。しかしまあステレオにするだけでこんなに変わるものか。高域から低域まで優等生のような鳴りっぷり。最初からステレオで設計してたんじゃないのかと疑っちゃう。

逆にEXTRA BASSをオンにすると、今度は低域ばかりボンボンと目立ちすぎるようになる。その具合が1台のときよりさらに強くなる印象で、さらに全体に篭って聞こえる。これは良くない。

OUTDOORモードは元気良すぎなのは変わらず、BGMモードは地味すぎるが抑え気味にしたいときは有効だろう。CUSTOM EQももう少し低域を補完する意味で低域をグッと持ち上げて中域を少し抑えてみた。一応は設定したがFLATの音が良いので、もう少し低域が欲しい時が来たときにそねて一応予備としておこう。低域が多すぎるとすぐに聞き疲れするからね。

EQで問題なのは以前から指摘してるとおり、これらをSongPalで呼び出すのが面倒だということだ。他の再生中の音楽アプリに移動すると、次にSongPalに戻ったときにいちいち最初の画面からやり直しが必要だから。スマホアプリだからとか、バックグラウンドでとかいろいろあるんだろうが、改善してほしいところだ。

あと、数時間使っていて1度だけ音楽を再生時に左右の同期がズレたことがあった。次の曲に移るタイミングだった。頭出しをし直したら元に戻って解決したが、安定性は改善してほしいね。


というわけで、ステレオ化は見た目スマートではないが音質的には大成功だった。
大満足です(ΦωΦ)b

2つ買うと5万くらいになってかなりの出費でかなり自分としては贅沢してしまったが、狭い部屋で個人用に使うのにはちょうどいい使い方だと思う。

しかし、小型のポータブル、いろいろ持ち運べる、BluetoothにUSB DACに、という多機能なスピーカーの魅力からはかなり限定した使い方になってしまう。とくに、このサイズのバッテリー内蔵Bluetoothスピーカーのどこでも使えるという魅力からは離れてしまうし、Wi-Fiが必要である点も含め、ワイヤレスステレオを導入する人はかなり限られるだろうと思う。(ネットを探してもなかなかレビューが無かった)

ワイヤレスオーディオを使うにあたって1番痛いのがBluetoothが使えないこと。
Wi-FiかUSB、アナログしか使えなくなる。USB DACでは音楽再生では高音質だし特に問題ないが、ワイヤレスステレオ化処理と同期のためか(?)遅延がかなり大きいので動画は無理だ。セリフがまったく合わないのでPCで使う場合は注意が必要…。

しかし、わたしのように、設置場所を固定して、Google Castやネットワーク音楽再生などWi-Fi前提で使う人にはかなりいい選択だと思う。


以上、iPhoneやXPERIAのGoogle Play Music、nasneサーバーを使ってクラシック・ロック(AAC、Flac,ハイレゾ等)を聴いての感想でした。

Srshg1x2


…しかし、HG1のワイヤレスステレオでこれだけ満足できたんだったら、ZR7だったらどうなるだろうと考えだしたらちょっと焦ってきた(;´Д`)





--------------------(追記 2016.07.03)--------------------

XPERIA Z4 のハイレゾ音源をMUSICアプリでCASTしようとすると、当初安定しないことが多く、ブチブチと1秒くらいで切れまくる現象がある。しばらくすると落ち着くのだが曲が切り替わるとまた切れだすことがあって使えない。

ワイヤレスステレオだけの現象のようだ。単独で使っていたときはそんなことはなかったし、現にHT-NT3では問題なくハイレゾのCASTができている。nasneなどのネットワークからの再生でも問題ない。MUSICアプリとワイヤレスステレオとの組み合わせのときだけなので、早く修正のアップデートをしてほしいね。


ハイレゾをCASTで聞こうとすると「Google Castを使用しているときに確実に連続再生するには、充電器に接続してください」と表示される。かなりバッテリーを食うのか、ハイレゾ再生にはパワーを使うのかもしれない。

ちなみに、Google music Playerは、スマホでハイレゾの再生はできるがCASTはできない。ローカルを再生してるのかストリーミングなのかイマイチわかりづらいのだが「気にするな、気にしなくて良いようになってるんだから」と言われそう。


(2016.7.12一部加筆修正済み)





--------------------(追記 2016.07.18)--------------------
あれ?とは思っていたんだけど、SongPalがバージョンアップして、「グループと単一とで簡単に切り替えられるようになった」ようだ。

簡単かどうかはさておいて(;´Д`)

SongPalで見ると、グループ化したものと単一のスピーカー2台を認識する。

これ、Androi版だと従来からそうだったんだけど、iOS版だと単一のほうが表示されなかった。

Android版で、単一のスピーカーを選んじゃうと強制的にグループは解除され(ディスコネクトとメッセージが流れる)、もう一度グループ化するには、最初からやり直しが必要だったのだ。

今度のアップデートでは、iOS版でもきちんとグループといっしょに単一のスピーカーでも認識できるようになっている。

さらに「簡単に切り替え」というのは、単一スピーカー選択によって解除されたグループは、設定としては残っているようで、解除されたはずのグループを選択するともう一度グループ化をしてくれる。最初からやり直す必要がなくなったのだ。(ただし、20秒くらいかかると表示される。実際にはもう少し速いかな?)

あまり、単一とグループを使い分けることはないかもしれないが、単一にすると持ち運びもできるし、Bluetoothも使える。あったほうがいいアップデートだろう。

まだ要らない設定が見えたり、Andorid版は相変わらず再起動しないと更新がかけられないとかいろいろ残っているが。

それでも、いい感じに進化してきているので、今後もアップデートで良くなっていてほしい。

|
|

« SRS-ZR7買いました | トップページ | Bose SoundSport wireless headphones »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SRS-ZR7買いました | トップページ | Bose SoundSport wireless headphones »