« BOSE SoundLink Mini II Bluetooth Speaker (vs SRS-HG1) | トップページ | SRS-ZR7買いました »

2016年6月 4日 (土)

SONY HT-NT3 その2

Htnt3

テレビ用に愛用しているHT-NT3だが、SRS-HG1同様にアップデートが来ていたのでやっておいた。

Google Cast for audio の機能追加
ハイレゾコンテンツの再生をサポート
ミラーリング機能をサポート(Googleのサービス開始以降に使用可能)

だそうだ。

アップデート作業は至極簡単でいうことは特に何もない。
メニューからアップデートを選ぶだけだ。
…ってこれじゃブログにならないな(¯―¯٥)


最初の印象で、音はとてもいいんだけど、テレビ用途ではめっちゃ便利かつ音質もかなり満足してたけど、オーディオ的にはなにかのめり込めるものがなかった印象のままの約10ヶ月だった。

(そのせいで興味は比較的ピュアオーディオ寄りのデスクトップ用CAS-1に向いたり、普段使い用にもポータブルスピーカー選びが楽しかったというのもある)

しかし、これを機会にともう一度音楽用に聴きこんでみた。


すると、以前よりも印象がいい。

なんだろう。

前回のレビューは買って間もなかったから鳴らしこみが足りなかったせいか(エイジング)。

けっこういい音しますよ!

AV的な鳴りというかDSP処理して綺麗にしてありますみたいな傾向で、ピュアオーディオでいう「原音再生」にこだわる方向とは180度違うのは変わるはずもないのだが、楽しめる音に感じる。

特に、サウンドフィールド(EQというかDSPというかその設定)で、テレビで使うときは「ClearAudio+」がデフォなのだが、音楽を聴くときは面倒だが「MUSIC」に切り替えるとバランスが良くなる。

私はフロントグリルがついているものを外すのが嫌いな人間なのだが音質的にはこれで損をしていることも知っている。説明書には見当たらなかったが、公式サイトには

「より繊細で明瞭な音質を再現できるよう、フロントグリル無しでも使用可能。リスニング環境に合わせて着脱できます。」「 ハイレゾ音源をお楽しみいただく場合は、グリルなしのご使用をおすすめします。」
書いてあった

というわけで外してみたせいかもしれない。グリルを外すと高域が前に広がってくるのがわかる。高域が綺麗で分離がいい。音数もたくさん聞こえる。
(プラシーボ効果です)

ネットワーク上のハイレゾ、XPERIAにあるハイレゾのLDAC転送。聞き分ける耳は持ってないが、どちらも満足いくものだ。

DSEE HXはついてるが、MP3変換したGoogle Castの音源よりもとのハイレゾFlacの方が音に新鮮さがある。
(これもプラシーボ効果です)

Htnt3_frontgrill

これはフロントグリル派の俺も悩むわ〜。

ただし、画像ではわからないが、実際フロントグリルを外したときの前面パネルは光沢のある仕上げになっていて、けっこう反射するんだよね。これは高級感ともいえるし、欠点とも言える。特にオーディオ用途だけではなく、テレビの前に置くものだから意外と気になるんですよ。そこがソニーさんのいう「リスニング環境に合わせて着脱できます。」ということだろう。お好きにどうぞ、ってことだね(;´∀`)


低域はウーファー専用ボリュームがあるので好みにできるが、自分は8くらいがちょうどいい。9だとちょっと多いけど、低音好きなら10は出すだろうな(最大は12)。

何もなく、ぱっと聴いてみると「いい音だね」って素直に出てくる。AV用サウンドバーってオーディオマニアは最初から眼中ではないだろうし、高級オーディオ機器(買えないから試聴させてもらったときの印象だけど)にある感動的な音像の定位や包まれる音場感とは別物だけども、こういう簡易型AV製品をもとめる一般の人(自分を含め)ならかなり音楽を楽しめるに違いない。

これなら今後もっとたくさん使いたくなってきた。

うーん、もっと早く気付けば良かった(;´Д`)
購入したときと殆ど変わってないんだろうけど、印象って変わるね。


1秒くらいHDMI入力で接続開始の早いうちに映像が一瞬消えることが極稀にあるのは解消していないが(どういうときに起こるか再現性がわからないくらい稀)、頻度は多くないし目くじらをたてるような不具合とも思ってない。6/2のアップデートで直ってるかどうかはまだわからない。


本体よりも問題は「SongPal」アプリのほうだ。

使用機器の設定等に使う分には特に問題がない。(最近はHG1もなんとかいけるようになった)

個人的に改善して欲しいのはSongPalで行う「音楽の再生機能」だ。

せめてXPERIAのMUSICアプリくらいの操作性が欲しい。

とくにネットワークに置いてあるファイルを再生し、前の画面に戻ると最初からスクロールやり直しとか、そういうところの一つ一つがなんかこう、使いたい、音楽を聞きたいと思う心を挫くんだよね。
(ネットワークHDDの曲だけじゃなくUSBメモリを使っても同じだね)


説明が下手だが、使ってる人はわかると思う。
ということは作ってる側もわかってる、でしょ?


ネットワークを扱うのは難しいのだとは思う。おそらく前の画面に戻る操作=前の階層を読み込み直す必要があるのだろう。(インターネットで、ブラウザの戻るボタンを押すとまた読み込む感じというとわかりやすいだろうか。もしくはLANでつないだPCとかNASの操作と同じなんだけど)

そういうところを実は改善してほしいのだができないものか。

単純に「音を再生」「早送り」「前の曲に戻す」「違うアルバムに変える」「違うアーティストに変える」
という基本動作が快適でないのから、ネットワーク機能要らないよ
…ってなっちゃう(´・ω・`)


あともうひとつ不満。
起動が遅いんだが、スタンバイ移行がもっと遅い。これもね。あとオートスタンバイの時間をデフォから変更できない。

そんな感じ、今のところ。
いつも褒めたあと、不満で終わるブログだなあ。(;´Д`)





後継種らしいHT-NT5というのも発売された。最近のテレビはスタンド部分がどんどん低くなってベゼルも極限まで細くなっているからだろう、超薄型なデザインになった。便利機能として、私が買ったSRS-HG1のような高音質Bluetoothスピーカーをワイヤレスでリアスピーカーとして使える機能まで持っている(置き場に困るけど)。

1年買うの早すぎたなっていうのは正直あるけども(;´Д`)

サラウンド機器はもう要らないからすべて処分して選んだサウンドバーなんで、もう少し楽しんでみよう。

高音質のLADCを使ったBlutooth接続以上にGoogle Castも面白い。スマホ側から起動もできるし(オードスタンバイ)便利だわ、ほんと。
安定度はまだまだだけどね、AirPlayでやって欲しかったことをGoogleとソニーがやってくれた。

|
|

« BOSE SoundLink Mini II Bluetooth Speaker (vs SRS-HG1) | トップページ | SRS-ZR7買いました »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« BOSE SoundLink Mini II Bluetooth Speaker (vs SRS-HG1) | トップページ | SRS-ZR7買いました »