« iPhone 7 Plus JB | トップページ | MacBook Pro 13" Late 2016 Touch Bar model »

2016年11月13日 (日)

SONY MDR-1000X ヘッドホン

Mdr1000x_b

ソニーのヘッドホン MDR-1000Xを買いました。

ワイヤレスノイズキャンセリング機能付きでほぼなんでもあり、今やBOSEにゼンハイザー、Beatsなど各メーカーが自社のプライドをかけ(?)しのぎを削るヘッドホンの1番の注目なクラスですね。

ソニーの今回の特長
○ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質、高音質コーデック「LDAC」に対応(aptXも)
○CD音源や圧縮音源をハイレゾ相当の高音質に。「DSEE HX」
○ハイレゾ音源のディテールを忠実に再現するデジタルアンプ「S-Master HX」
○業界最高クラスのノイズキャンセリング性能
○ハウジング部のタッチセンサー操作
ということで、ソニーの技術をほとんど入れた感じ。

MDR-1ABTはDSEE止まりでS-Masterすら入ってなかったわけですからね。
(ただし、仕様とヘッドホンの出来は別)

個人的には、これまでノイズキャンセリングは不要と思っていたのです。

家で使う場合は深夜が多く静まりかえっており、雑音といえばエアコンくらい。ほとんど気にしたことがありません。
外で使うにも、自動車にきづかないと危ないだろうし、電車で使って乗り過ごしたら大変!って思っていたので。

それでも今回は話題沸騰中でどうしても欲しくなり導入してみました。

もっと重要なのはMDR-1ABTもその前のMDR-1RBT mk2も、ハウジングを取り付けてるあたりの軋みがすぐに現れて、首を動かすとギシッというノイズが不快になったから。これけっこうヤバイ。頭を動かさないようにしてたけど、そういう点が嫌だったということもあって今回乗り換えです。


MDR-1000Xでまず1点減点。
新品なのに最初から小キズが一箇所あって、さらにプラスティックパーツの表面仕上げのムラが大きかったので★1個マイナス。モノ作りのレベルが落ちてるんじゃねえの?とソニーの中の人に言いたい。面倒くさいから返品しなかったけど。


では音質から。

MDR-1ABTと音質にどんだけ差があるんだ?と購入前から多少不安はあったものの、不満になるようほどの差はなかった。軋む音がしないこととノイズキャンセリングを考えたら1000Xは十分戦える音。音の違いはあるんだけど好みの問題かな?ってことで。

1ABTに比べ音の一つ一つを表現できていて、いわゆる分解能は1ABTよりいいように思う。特に低音はソースによって団子状態になりやすい1ABTよりも聞き分けやすい。強めのドンシャリ感もない。ただし、音の迫力とか圧力、聞いて楽しい音かというとそれは1ABTの方が上だったと思う。
(処分しちゃったから印象でしかないけど)
1000Xは大人しいというか柔らかいというか、派手さがない。高〜低域まで大きな不満もなく、かといって目立つこともないようなそんな感じ。
長時間聞くのはいいのかもしれないね。

ひとつ残念なのは、ノイズキャンセリング機能をオフにすると音が変わってしまうことだ。フラットになるというか、DSP効果が薄れる感じ。低域の沈み込みや引き締まる感じがなくなるので中域が目立つ。なんでこんな仕様なんだろう。普通に音質にこだわるならノイズキャンセリングは常にONが基本だなと思った。

いわゆるホワイトノイズと呼ばれているサー音だが、じゃっかん聞こえるね。俺は気にしないけど。あとサー音は左の方が大きく聞こえるんだけど、自分の耳の状態が今も正常かどうか自信はない(;´Д`)


次にノイズキャンセリング。

自分はMDR-EX31BNくらいでしか使ったことなかったけど、そのときはほとんど使わない機能だった。(付属のイヤホンが気に入らなくて別の会社のを使ったせいも大きい)

あと、いろいろ視聴してみても、ノイズキャンセリング独特の圧迫感のようなものが嫌だったというのもある。ツーンとくるようなあの感じね。

それが1000Xには無かった。レビューでもそれが少ないというのがあったので購入した動機でもあるんだけど、確かにほとんど感じなかった。スーッと無音状態になるのでこれは最初ちょっと感動したよ!
(;´∀`)

室内で使うとテレビの声はじゃっかん入る。自分の声もちょっと変わるw
デスクを叩く音も小さくなる。すげえな。

で、昼間外に持ち出してみた。

普段あまり気にもしてなかったが、ヘッドホンをつけるだけで無音の世界が広がるのが感動。
(ノイズキャンセリングONで音楽再生無し)

自動車の音も消えて静かになるので、これはやっぱり危険。道路を歩くときはオフにするか、周囲の音を拾って取り込む機能の「アンビエントサウンドモード」のノーマルモード必須。
周囲の音はマイクで取り込んでいるのでちょっと違った音なのは面白い。

ただし、ノーマルモードの注意点は、歩いてる時に響いてくるズシンズシンという振動ノイズが強調される感じ。密閉型ヘッドホンではほとんどにある欠点なんだけどそこがさらに酷くなる。これは残念すぎる。あと風切り音がゴーゴーとノイズキャンセリングオフの時よりめっちゃうるさい。周囲の音として逆に強調されるようだ。ちょっと残念だけど、外で使うのは躊躇してしまうな、これは…

ノーマルモード

「アンビエントサウンドモード」のもうひとつ、ボイスモードの時は、この踏みしめる時のズシンズシンというノイズまで消える。風切り音もかなり減る。シューって音時々聞こえるけど許容範囲。周囲から人の声だけが聞こえてくる不思議な感じ。

電車のゴトゴトいう低音に対しても効きが凄いね。小さくて軽い音になるので音楽を聴くときにはほとんど邪魔にならない。ただ静かでいたいだけでこのヘッドホンを使いたくなるね。
電車だと周囲がうるさすぎて社内アナウンスが聞き取れないときとかあると思うけど、ノイズキャンセリングオンでヘッドホンしてるだけでアナウンスが聞き取れやすくなるというのは思わぬ利点だった。(音楽聞いてない場合)

ボイスモードのイメージ

とにかく、ノイズキャンセリングはすごく気に入った。癖になるね、この機能。

イヤホンタイプもすぐにでも欲しくなった。

というのも、1ABTに対して軽くなったと言っても250gを超えるものはやはり重いんだよね。
200gが壁だと思ってるか、自分は。せめて250gは切らないと。

あと、付け心地。締め付けはそれほどでもないけどイヤーパッドは1ABTが圧勝。(1RBTのほうがもっと良かった)。1000Xは硬くて使い心地が悪い100ABNと1ABTの間くらいかな。


機能的には不満はとくに無い。

タッチ操作も1ABTよりもやりやすくなってる。操作するとピピッって鳴るようになってわかりやすく進化したのもいい。

手をハウジングにあてがうだけで音楽が小さくなって周囲の音だけ聞こえるクイックアテンションモードもわりと便利だ。ずっと手をアテてる必要があるけど。

クイックアテンションモード


たたむときに、内側に織り込むだけじゃなくハウジングを90度回転して外側を向けられるのも小さなバッグに入れられて助かる。
折りたたむ


まとめると、BOSEやゼンのMOMENTUMなど他社製も気になるほどノイズキャンセリングにはまった。

しかし、やっぱりイヤホンタイプが欲しい。
BOSEのQC30はどうかな〜って思うけど、この1000X同等の機能がついたMDR-EX750BT上位機種とか出してくれないかな〜ソニーさん。


Mdr1000x


|
|

« iPhone 7 Plus JB | トップページ | MacBook Pro 13" Late 2016 Touch Bar model »

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

そちらのヘッドホンとkj49x8500cはBluetoothで繋ぐことは出来ますか?

投稿: りょ | 2017年2月 3日 (金) 21時23分

こんばんは。
テレビ(KJ-49X8500C)のBluetoothはキーボードとかのみで音声に対応してなかったと思いますよ。プロファイルにないです。
詳しくはソニーに直接聞いてください。

テレビの音声がワイヤレスで出来たら便利かもしれませんね、将来的にはあるかも。

ソニーショップのくんこくさんがMDR-1000Xをテレビで使うことをブログでやってましたね。ワイヤレスアダプターを外付けでした。ご参考までに。

投稿: 鬼八郎 | 2017年2月 7日 (火) 01時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iPhone 7 Plus JB | トップページ | MacBook Pro 13" Late 2016 Touch Bar model »