« SONYノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンWF-1000X | トップページ

2017年12月18日 (月)

JBL FREE 完全ワイヤレスイヤホンを買った

Jblfree

調子に乗って JBL FREE 完全ワイヤレスイヤホン も買ってみた。
その忘備録。

カナル型かと思いきや、あまり耳に詰め込む感はなく、遮音性も低い。どちらかというとAirPods系のイヤホンだ。

本体をカバーするラバーが2種類入っていて耳のアナ周りのくぼみにすっぽり入る感じ。感触は悪くない。最初開けたときはこのラバーのカバーが付いていないのでおそらくこのカバーは「お好み」で付けるオプションなのだろうが、これを付けないとエッジ部分が耳に当たって痛い。エッジ処理の問題なのか、普段硬いものが当たらないところだから敏感なのかわわからない。

ケースは大きいうえにかなり重い。
ケースから出してもバッテリーがオンになるわけでもなく、もちろん自動で接続もしない。両耳の電源を入れなければいけないので、使い勝手は悪い。

使い勝手は
AirPods>越えられない壁>WF-1000X>>JBLFREEだろう。

JBLブランドに期待していただけにちょっとガッカリ。

音質はかなりいい。1万円台前半(銭込みで1万5千円前後、今日現在のAmazon価格)で買えるイヤホンとしては満足できる。
中域から高域が綺麗、高域はやや耳に刺さるしハイハットやシンバルも何をしてるか細かいことがわからないところはあるがトータルとして聞くといいバランス。

やや低域が物足りないのは耳に合っていないせいか?(ネットのレビューでは低域が出るというのをみかけたが…) 遮音性の無いイヤホンなので、屋外で使うと周囲の騒音にかき消されるのである程度のモリモリ元気な低音があったほうがいいのだが、この点で物足りなさを感じる。静かな室内で使う分には悪くない。

遅延はかなりある。スマホのボリュームの反応も遅れる。YouTubeアプリでも声はまったく合わないので使えるレベルではなかった。

一番の問題は音切れだ。かなりブチブチ切れる。マスターが右、スレーブが左のようで、左側が頻繁に切れる。左だけならまだわかるが、マスターの右も人混みだとよく切れる。

自分は午前中の山手線(比較的空いてた)で使ってみたがけっこう切れるんだよね。渋谷駅内でもダメ。ハチ公前交差点はもう音にならないレベル。

これはかなりキツイ。普段の通勤は人混みが多いので常用が厳しい。

WF-1000Xが出たときも話題になったが、そのレベルではなかった。
自宅の部屋でも切れることがあるんだからちょっと考え直したいところだ。これ。

家の中専用だったら普通のヘッドホンのほうが絶対いいので使い道が無し。
(;´Д`)

音切れに対する強さ
AirPods>>WF-1000X>>>>>(越えられない壁)>>>>>JBLFREE
ってとこ。

(環境:iPhone X iOS 11.2.1)

音質がいいだけに残念だなあ。

ソニーみたいにアップデートで直るとかないんだろうか?
それまで待つっていうのも忍耐がいるな。

う〜ん、BOSE買っとくか?(;´Д`)
でも高いんだよな、あれ。

Jblfreesample


|
|

« SONYノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンWF-1000X | トップページ

オーディオヴィジュアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« SONYノイズキャンセリングワイヤレスイヤホンWF-1000X | トップページ