カテゴリー「格闘技」の記事

2009年7月13日 (月)

K-1MAX

試合内容はともかく・・・

出てくる選手が特別扱いの高校生だったり総合格闘家ばかりだったり。

選手層の薄さがモロに出てきてる気がします(・ω・ )

MAXトーナメント出場する選手以外が手薄すぎるのか。

K-1対MMAというのも筋書きとしては盛り上がるけどねぇ・・


先日見たUFC100の充実ぶりにくらべ、日本の格闘技もがんばれ!と思ってしまう。私は別にベスト8が全員外国人選手でもまったくかまわないんですが、K-1やDREAM、戦極がもっと盛り上がってほしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月14日 (日)

三沢光晴よ永遠に

ショッキングなニュースが飛び込んできてしまって、もうなにを書いたらいいのかわかりません。

<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島

思い起こされるのは、二代目タイガー時代から、マスクを脱ぎジャンボ鶴田選手らとの闘争、小橋選手や川田選手との名勝負の数々・・・


なんだか、信じられないことがおこってしまって・・・

低迷するプロレス界で、唯一の「王道」の継承者としてがんばって欲しかっただけに残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2009年1月 1日 (木)

2008 Dynamite!!

まあ、お祭りだから、K-1甲子園とかキン肉マンとかはおいといて・・・
けっこう面白かったですね!

もうすでに「顔」になったバカサバイバーは余裕でした。

個人的な予想も全然あたらなかったメルヴィン・マヌーフのKO劇とか!
1日前に急遽決まったマーク・ハント戦、体重差もあり過ぎで勝負になるのか?と思ってたら、最初に向き合ったおき結構マヌーフが大きく見えたので「これ、もしかしたらw」なんて思ったらとんでもないことに!

アリスター・オーフレイムVSバダ・ハリも衝撃!バダ・ハリがイマイチ感があったものに、何もさせずパワーで圧倒。アリスターのデビュー時を知ってるだけに、もうたくましくなったなとw

今回K-1勢がことごとくMM軍団に「K-1」ルールで負けたわけですが、「立ち技最強」伝説もちょっと陰りが・・? もともとキックで強かった人が総合に転身してるだけにね。

あと、田村VS桜庭もUWF(インター)時代から見てきた人間にとっては感慨深いものがありました。たぶん生で試合見てる人には消化不良だったんじゃないかと思いますが。VTRで前田さんが出てきたけど、高田さんじゃないんだ・・?


逆に、ちょっと寂しい感じがしたのが、ミルコ、ボブ・サップ、チェ・ホンマン・・・そして所選手。所選手は結果は出ないけど、試合は面白い。次も頑張って欲しいです。


ムサシ対決については、もう言うこともないですね。
クリンチに対するあのブーイング、見る方ももうわかってることを谷川さんには理解してほしい。


そういえば、海の向こうではあのノゲイラが初のKO負けとうことで、シウバも負けてPRIDE勢もなかなかUFCでは結果を出せず。UFCが現在世界最強かも。ヒョードルものんびりかわしてる場合じゃないのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年12月 6日 (土)

K-1GP 2008

いや、バダ・ハリ面白いわw

最近優等生っぽくなっちゃってちょっと物足りないなー(メチャクチャ強くなって試合は断然面白いけど)なんて思ってたら一番大事なところでやらかすなんてw


近年のK-1は巨人や力自慢ばかりから、ようやくスピード+パワーの総合力で戦うように進化してきてまたひとつ面白くなってきたように思います。

今回レミーも久しぶりに充実してたんでもしかしたら勝っちゃうんじゃないかなー、準決のバダ・ハリ戦も名勝負だっただけにいい決勝になりそーと思って見てたんですが、まあ、今回の事件もたまに刺激があっていいかなw

あとはカラエフにもうちょっとパワーとキックを思い出して欲しいかな。あいかわらず試合は面白いけど負けてるし。あとマヌーフがやたら強くてw 本戦出ても面白いと思う。

魔裟斗選手がペナルティについて話してたようですけど、どうなんですかね、いなくなったらスター不在、興行的に辛いと思いますが(すごくいい選手揃ってきてるけど名前はまだビッグじゃないし)。それよりも魔裟斗選手の現役選手ならではの的確なコメントがK-1らしくなくて良いな、なんて思ってたんですがもうちょっと声を張って欲しいw

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年3月16日 (日)

格闘技「DREAM」

HEROESとPRIDEの大連立。

おかげで刺激的なカードが組めるようになった。

まあ、一回目は消化不良の試合もあったが、十分楽しめる内容でしたね。

残念ながらDREAMに参加しなかった大物もいましたが、全部がひとつにまとまってしまうことも怖いと思うし、刺激しあえばいいのかな。

個人的な「キターーーー!」はやっぱり世界のTKこと高坂剛さんの解説ですね!

って、TBSを見てる人は「誰この人?」かもしれませんが!


ミルコの参加は話題だが、相手が決まってなかったというのも格闘技界にありがちな出たとこ勝負みたいな感じだった。紹介VTRに出てきたようなK-1系の大物たちとの試合があるのかわからないが、どうなるんでしょうか?

ところで、ミルコ。UFCで通用せずイイとこなしなので、ちょっと目玉としては弱い気がするのですが、それでもあの存在感。しかしUFCの歴史は無かったことになってるかのよう。

TBSさんへ。
何度も書くが、控え室の映像なんかどうでもいいから他の試合を少しでも放送してください。私は控え室での選手の様子にまったく興味がありません。それが一ファンの希望です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年1月 2日 (水)

年末格闘技

まあ、年末恒例のダイナマイトは、ある意味なんでもありの大味なのですが(ボビーや曙とか)、今回のベストバウドは、やはり「やれんのか」の方の「秋山VS三崎」戦ですよね。いい試合でした。正直どっちも強いのでまったく予想もつきませんでしたが、どっちが勝ってもおかしくなかった。

それとヒョードル強すぎ!さすがサンボマスター、下に引き込んでからあっさりと腕十字だし。 もう体格差とか関係なく、素人には無理! 個人的にはUFCでやって欲しかったが、そうなると今の日本には放送するとこないし(金をふっかけられてWOWOWが撤退したので)。格闘技が下火か?といわれる今日、なかなか日本人が活躍しないから地上波での放送も難しいでしょう。

そこで、今回のMVPはやはり「大連立」を成功させた谷川プロデューサーでしょう!スカパーで高い金出さなくてもTBSで見れたよ、ヤッホー!(この2試合以外には興味なかったし)

まあ、本体のダイナマイトが個人的にはイマイチだったので・・・orz UWF好きとしては船木選手にも期待していたのですが、もっとバチバチのどつき合いかと思っていたので意外でした。

今後は、PRIDE対HEROES的な構図なんてのもいいんじゃないですか?


さて・・・

もうひとつ、「ハッスル」もあったんです。

ファンの人には申し訳ありませんが、「プロレスラーの墓場」「スポーツ芸能人大会」という連想ができてしまうのですが、逆に「新しいプロレスエンターテイメント」という意味では成功してるのかもしれません(実際の興行とかどうなのかわかりませんが、年末にこうして中継できるのですから悪くはないのかと)。「プロレスって筋書きのある格闘技」という、「ガチ」じゃない「ヤオ」ということをもう開き直ったかのごとくの展開。そこを楽しめるかにかかってますよね。

坂田選手って、もとリングスで田村選手や高坂選手とかといっしょにやっていたとは思えないです(ある意味出世だけど)。 天竜とかみてると「ジャンボが生きてたらなんと言うのかな」と淋しい気もしました。もう学生プロレスなみで「誰でもできるのか」と思わせてくれましたよ。

それでもインリン様はいいですね! 強く美しい! プロレスもちゃんと練習しているのがわかるし。ミルコがなぜ出る必要があったのかわかりませんが、ボブサップはもうハッスルでいいんじゃないですか?

プロレスは「王道」のノアと「エンタメ」」のハッスルの二つになっちゃったんでしょうか。「ストロングスタイル」の新日はどうしちゃったの? 全日と分裂して消えてなくなったのか? まあ、私はアントキの猪木さえ見れれば正月は爆笑オッケーです。

| | コメント (1) | トラックバック (4)
|

2007年10月12日 (金)

ボクシング 内藤大助vs.亀田大毅

格闘技好きの素人の感想。

オーラの無いチャンピオン対技術も経験もないボクサーの戦いだったかなぁ、と思って、後半も面白くないなぁ、などと思ってたら最後あんなことに・・・orz

亀田大毅選手はカウンターか一発狙いなのか、全然手を出さず、そりゃ判定で勝てる訳がありませんよね。典型的な経験不足のハードパンチャーみたいで、今まで何人も見てきたのといっしょでした。首ひねってて勝てるはずがありません。しかしあの亀田家の小さいパンチをシュッシュッとかいいながらまとめて打つの何?威力もポイントも無いと思う。パフォーマンスか。

チャンピオンの内藤選手も、なんだかチャンピオンらしからぬ(最強のチャンピオンに勝ってタイトル獲得したんじゃなかったかな)ガッカリな内容。有効打もほとんどなく、前に出られない。手数の判定勝利が予測出来ちゃった。

これでも瞬間40%だから、話題振りまいたTBSの勝ちですか。亀田寄りだって批判あびてるけど。とにかく関東の人は亀田家が嫌いらしいということは、歓声でわかりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007年9月17日 (月)

ヒクソンひさしぶり

今夜のHERO'Sは、けっこう面白かったですね。やはり視聴率狙いの素人よりも実力者が出てくると面白い。谷川プロデューサーも、今後は視聴率狙いでなく、格闘技の将来のためにも「PRIDE」のような実力者主義で行く、みたいなことを言っていたので期待が持てます。

さて、ヒクソンが弟子のセコンドとしてやってきました。あの船木戦からもう7年なんですね。はやいなぁ。日本人と試合してもいい(桜庭、船木あたりか)と前向きなようですが、当の桜庭選手相手に現役復活を果たした船木選手の立場は・・・・

ヒクソンは400戦無敗の伝説の人ですが(日本で数試合したらいつのまにか450戦に増えてて笑った)、いろいろオファーがあるでしょうが、やっぱり日本を選ぶでしょう。

まず、ヒクソンが柔術家として最強の人のひとりというのは誰もが認めることでしょう(あまり多彩な技を見たことはありませんが戦術や精神的にたけている)。しかし、彼のいない間に総合格闘技は進化し、グレイシー柔術は研究しつくされ過去の物になってしまったこと。このところ柔術ファイターが勝てないのを見てていてもわかります。今やストライカーを中心として寝技も出来る総合力が問われる時代になり(ヒョードルもそうだし、マットヒューズとか、今回のJZカルバンのような)、打撃が出来ないヒクソンがUFCで勝てる訳がない、と私は思いますし、本人も思ってるのではないでしょうか?

そこで、「安全パイ」でありながら自分の名声を守れて金が稼げる格闘大国ニッポンです。ヒクソンが今まで誰に勝ちましたか? 道場破りに来た200%男、まだ新米だった山本ヨシヒサさん、総合経験の浅い高田伸彦さん、船木選手です。前田選手とは体格が違いすぎて(?)契約寸前で戦いを避けたようですが。U系レスラーばかりで、総合で有名な人はいません。今回のグレイシーハンター桜庭選手との試合が決まったら楽しみですけど、一時の勢いはありませんから心配です。

しかし、弟子の選手のあのねちっこいガブリより戦法が、昔の「つまらない」グレーシーを思い出して、ちょっと懐かしかったです。最後なぜか打撃でいどんでミノワマンに負けてしまいましたが、あれ、大失敗でしょ? ミスをしたほうが負けるというヒクソンの教え通りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年4月22日 (日)

ミルコ、衝撃のKO負け

UFC70で衝撃的な右ハイを受けてノックアウト負けでした。

相手には打撃はない、と読んでいたかもしれません(投げや関節の防御を練習してきたようです)。

グラウンドでの肘もまったくディフェンスできてませんでした。PRIDEとは違うルールなのでもう少し研究が必要に見えましたね。ただ、ミルコはいつもここから這い上げる選手ですから。


追記
ノゲイラもUFCに出るようですね。まあ、PRIDEは買収されちゃったんで、そういうこともあるでしょうが、単純に楽しみです。

WOWOWがついにUFC放送の契約ができなかったようですが、いよいよ地上波なんでしょうか?(その辺の情報はよくわかりませんが)。UFCも最高に盛り上がってるところで、高い金要求されちゃったらそりゃ無理でしょう。リングス撤退からUFCを5年にわたって放送続けてきただけに残念ですが、仕方がないことです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007年3月13日 (火)

今夜のHERO'S

いかがだったでしょうか。

いつも帰りが遅くて大変なんですが、ざっと今見たんですけどビトー "シャオリン" ヒベイロが強かった!私、名前しか知らずもしかしたら初めて試合を見えたかもしれません。最近の総合格闘技は立ち技優位といか、とにかく寝技はディフェンスして、後はパワーで殴りまくるみたいなのが主流になってるので、所選手や宇野選手もそうだけど、こういった寝技系の強い選手は大好き。

日本人というか、まあ、注目選手は順等だったので、波乱もなく(?)世紀の名勝負みたいなのはなかったですが、楽しめた大会でした。

個人的には、リングスも好きだったので山本選手にもう一度光があたるといいな、と思います。セコンドにTK高坂剛さんがついてるのもなんだか嬉しかった(二人の名勝負は凄かったのを思い出した)。

| | コメント (2)
|

より以前の記事一覧