カテゴリー「なんたって18歳!」の記事

2009年6月24日 (水)

なんたって18歳!も一挙放送!

TBSチャンネル(スカパー、ケーブルTVなど)で7月1日より「なんたって18歳!」が一挙放送とのこと。(情報ありがとうございます)

祝!ヽ(´▽`)/

チェックしていたつもりがすっかり見落としていたようです。

もう何度録画したかわかりませんがw
とりあえずまた録画してみますか。


岡崎友紀さんの主演ドラマで「おくさまは18歳」が名作ならば「なんたって18歳!」は最高傑作だと私は思う。

「なんたって18歳」
tbsチャンネルのページ
私が作ったファンのページ


このまま、「ニセモノご両親」「ラブラブライバル」もいっちゃいそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007年5月16日 (水)

なんたって18歳!を見る

特にどのお話が見たいというわけでもなく、なんとなく「なんたって18歳!」を見てみようかなぁ、なんて思って、どれともいうことも無くたまたま選んでみたのがこの2本でした。

第20話「昨日の敵は今日の友」

いや傑作ですね! 冒頭のまどかと怜子の対立から始まり、小松さんの嫌らしさ抜群のキャラと野呂さんの強烈九州男児キャラ登場。そして、午後から竜二がツアーに現れてから物語は加速! どんどん面白くなっていきました。(しかしここまではまだ前半戦) その後、一時仲直りしたまどかと怜子たちのところへ、まどかに惚れてしまった九州男児が、竜二と卓丸をつれて寮の外から求愛を始めてしまう! 物語のテンポの良さ、演技の面白さ、ガイドたちも生き生きしてるし、怜子がラストに脱ドラマ演出でお茶の間に話しかけたりと、文句無しです。

それにしても、ガイドをしてるときのまどかは一番かわいい!

第28話「まどかちゃんがいっぱい」

まどかと竜二が、お互いの友人のお見合い相手の代理を引き受けてお見合いで出会ってしまうという、考えただけで面白そうなお話。竜二は、お見合いに行く前に、主任さんにぶつかってぶっ飛ばされた衝撃で(!)誰も彼もがまどかに見えてしまう(なのでいろんな友紀さんを見ることができる)という伏線が張ってあるため、秘密は守られたわけです^_^

それにしてもお見合いで出会うシーンは何度見ても爆笑! 最後竜二に追いつめられて観念したまどかが可愛いです。

いや、たまたま選んだのが2本とも名作とは!(つーか、名作ばかりだから、名作的中率は高いわけです)

お化粧でごまかしてるようですが、「なんたって」の頃は特に目の回りに寝不足の疲れがでていることが多いような気がします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006年5月29日 (月)

訃報 岡田真澄さん

70歳だったそうだ。残念です。

友紀さんのドラマに出演されたのは30代半ば、ということか。
なんたって18歳!第39話「空を飛ぶよな恋をした」
ママはライバル第8話「日曜日はおしとやかに」

早乙女卓也とはほとんど同じ年だったわけですね。

ハーフということで2枚目から2枚目半までこなす役者さんで、バラエティでも活躍していて、個人的には好きな方でした。6歳のお子さんがいるそうですので、もっともっと生きたかっただろうなと思うと、悲しくてたまりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年4月26日 (水)

またあの屋敷が・・・!

池中玄太80キロのDVDを少しずつ見てます。放送と違って、自分のペースで見られるのがいい点でもあり、悪い?点でもありますね。

やっぱり、面白いし、名作だなぁ、改めて思います。半分目当て(!)の坂口良子さんがこの上なく美しい!!!! もうヤバイくらいで、ファンとしてもたまらんですよ~。あと、杉田かおるさんがめちゃくちゃ可愛いんですが(^^;) 当時スケ番だったっていってましたよね。別にいいけど。

さて、ようやくPART1の第十回まで見たのですが、そこにはなんと、青木家のあのお屋敷がまたまた登場!そう、青木まどかの実家ですね。特徴的な青い斜めの屋根、丸い半円の玄関、まどかたちが羽根つきをした広い芝生の庭。

今回も「お金持ちの家」ということで、もうそうなるとココ!って感じなんだろうな。きっと撮影所の近所だったりするんでしょうね。もう、あの建物は残ってないという噂ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年3月 3日 (金)

なんたって18歳!で・・

まだ、寒いんだか、暖かいんだかわからない日が続いておりますが、みなさんお元気でしょうか。私のまわりでもなんだかまた、体調をくずしている者も多く、私も、ちょっとパソコンの前で固まっていたら、鼻のあたりが怪しくなってきてしまいました。お体には十分お気をつけください。

さて、「なんたって18歳!」の最終回も終わって(再放送が来週もあるが)、いよいよ「おくさまは18歳」のPCのハードディスクへのコピーを開始しました。全53話もあるのでのんびりやっていこうかなと思ってます。実際、PCへコピーしたことによって検索が大変スムーズです。ディスクの入れ替えがないから。将来的にはすべての映像、音楽がサーバーに保存され、いつでも再生ができるようにしたいですねぇ。

で、最終回を見て、いまさら気づいたことがあったので、先日ページも追記したのでこの場を借りてご報告。今更なので気づいてた方は「な~んだ」で聞き流してください。

最終回で、まどかは自分の家に帰ってくるのですが、その部屋は、第1回で置手紙をした部屋とも、第12回で忍び込んだ部屋とも違うのです。「自分の部屋」だとドラマ内であったのは第12回のみ(「懐かしい」と言ってた)ですが、話の流れから3つとも自分の部屋で間違いないはず。しかし、3回ともまったく違う部屋なんですね。まどかぐらいお嬢様なら部屋が3つくらいあっても・・・というのも変ですよから(^^; たまにしか出ないセットはそれっきり?

それと、もうひとつ、最終回の部屋に飾ってあった長細い人形がなんとなく気になっていたのですが、今回「おくさまは18歳」をコピー後にチラッと映像を確認中にそれっぽいものを発見。なんと「おくさまは18歳」の高木家の食卓の壁にかけてあった人形と同じではないですか? 頭のほうが見えないのですが、服とかスタイルとかまちがいなんじゃないかと。使いまわしだが、繋がってるみたいでちょっと嬉しかったです。

というわけで検索が早いのは便利ですね。すぐに確認できました。

直接パソコンに録画しても良かったんだけど、DVDハイブリレコのほうが手軽なんですよね。スカパ連動もあって、いざとなればネットダビングでPCに移せるし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006年3月 2日 (木)

あぁ、最終回・・・。

ジェットコースターのようなラスト2本が、終わり、「なんたって18歳!」も大団円で終了いたしました。

今でも、まどかが幸せになったことは良かったのですが、相手が竜二であって、自分でないことが納得いかない!(>_<) いや、マジで。そこまでこのドラマに入り込んでますよ、ワタシは。

最終回の、ものすごく楽しいひと時が終わったときって、そりゃ淋しいものです。まどかと竜二が乗るバスをずっと追っていたい気持ちでラストを何度もみてしまいます。

卓丸さんの正体が実は兄だったということは、まあ、いいのですが、卓丸さんが「青山はるか=青木まどか」であると一年前から知っていたというのは、今でも疑問ですね。まあ、そういう態度がまるでなかったこと、当初は見守るどころか、組まされるのもイヤだ、と言ってたけど、それも演技?(^^; そこまで言わせなくてもよかったうように思います。

さて、この半年、連発だった友紀さんドラマが終わって淋しいです。終わるたびに、今まで放送されてないものを!と期待しますが、どうなることやら。

しかし!ついにNECOで「だから」「ちい恋」の再放送決定!!(≧∇≦)b
今回が最後の放送になるかもしれません。まだ契約してないかた、ここはぜひ検討してください!

それまで「さぼてんとマシュマロ」を見ながら、待つことにしましょう。当時友紀さんのライバルと言われた吉沢京子さんもやはりかわいらしいですね。「マシュマロ」というのもピッタリです。こんな役を友紀さんがやったら・・・とときどき思ったりもします(^^; 沖雅也さんの演技もまだまだ初々しいところも新鮮ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月23日 (木)

レッツゴー!シンガポール!

こちらはすっかり春めいてきたみたいですが、明日からまた寒いのかな? みなさんのところはいかがでしょうか。

さて、いよいよ今週は「なんたって」もシンガポール編でした。欧米ではないとはいえ、当時海外ロケをするなんて、30分ドラマとしてはかなりの予算をつぎ込んでそうですね(タイアップとはいえ)。それだけ絶好調だったんでしょう。

結局、2つのカップルはおさまるところに納まってしまったわけですが、何度見てもまどかを叩いた竜二がゆるせん!o(`ω´*)o 

ということはさておいといて、いよいよ来週が最終回ですね。「あっ」というラストは・・・まあ、もうみなさん知ってるからもういいか。それにしてもやっぱり、一週間に2話では速過ぎる。あっというまの半年でしたよ。ほんと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月16日 (木)

なんたって18歳!

今週は、まどかと竜二が急接近で、「青山はるかと恋人宣言!」までしてしまった竜二。一方、伶子と、めっきり影の薄い卓丸もからんでの恋愛混戦模様ということだが、すでに結果は見えてる感じですね。外国へ行く気がするといって英語を勉強していた卓丸ですが、まどかの予言どおり(^^;いよいよ舞台はシンガポールへ!

さて、いよいよ来週からはなぜかあのメリーも出ないシンガポール編。このシリーズはシンガポールがよく出てくるのは何かあるのでしょうか?当時のシンガポール航空がスポンサーだったのかな?


で、このたび「なんたって18歳!」全52話、「小さな恋のものがたり」全13話、「だから大好き!」全14話のPCへの取り込みが終了しました。一度にやると絶対挫折するので(^^; 毎週コツコツと移動していたのですがようやく終了。「見る用」は多少レートを落としていたので(一話約850MB~)ハードディスクの負担も少なくすみました。これで、DVDハイブリレコ、パソコンともいつでも視聴できるようになりました。(そんな暇がなくても「できる環境にある」ことが重要) MPEG2のままなので、ディスクの入れ替えも無く、「あ、あれ、どのシーンだっけ?」とかで検索とか、DVD焼き、別のHDDへのコピー、バックアップなど、いろいろ便利です。

さて、次はいよいよ「おくさまは18歳」の番ですね。ひさしぶりに(?)飛鳥漬けになりますか!(・∀・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月12日 (日)

なんたって18歳!

「ねえ、ねえ、ねえ、みんな!」「あらぁ、もう始まってたのねぇ。」とまどかの挨拶も楽しい「なんたって18歳!」。いよいよラストスパートですね。竜二に秘密もばれちゃったし。

さて、絶好調の友紀さんの演技ですが、ややオーバーなところはさすが元祖大映ドラマって感じなのです。しかし、こういった演技は、ここ数年で「おもTV」をはじめとするテレビでのおおげさなしぐさや、ライブ、DVD「 FEEL AT EASE」のマダム・ニャンなどでみせてくれた演技とほとんど変わってないことがわかる。もともと本人がそういったキャラではないということだから、ゲバゲバや「18歳シリーズ」で身につけた友紀さんの芸の一面なんだろう。 しかし私が見ることができた、シリーズ後のドラマでは意図的に(?)封印されてしまって、初期のナチュラル志向(?)に戻したような気がする。というかそういう作品に出演してないからだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006年2月 1日 (水)

続きはなし・・・

2月になったので、スカパでドラマを放送している各局の来月の放送予定をチェックしてみたが、友紀さんものも含め、私の気になる新番組はなさそうだった。

tbsチャンネルで放送中の「なんたって18歳!」も2月いっぱいで終了してしまう。ただ、3月のリストには入っているが、最終回の再放送が3月にまたがるせいと思われ、別にまた第一回からとか、一挙放送ではないんじゃないかなぁと・・・

絶対次は「ママはライバル」だと期待していただけに残念で仕方が無い。
(´・ω・`)

また、リクエストでもするしかないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧