カテゴリー「アニメ」の記事

2010年4月24日 (土)

ガンダムカフェ

初回放映より30年以上、止まらないガンダム商売w

すごく行ってみたいけど、いくのになんだか勇気がいるカフェがオープンしたそうです。


甘いものが嫌いな人がいて? 「ガンダムカフェ」ガイド
http://plusd.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1004/23/news085.html

たくさんのガンヲタがいるというITmediaさんらしく、記事のタイトルもララァの名台詞より(・ω・ )


モビルスーツの人形焼の絵が可愛いですねw  「ガンダムカフェハロール」「軟弱者せんべい」などファンの心をくすぐるアイデアが嬉しいです。


トイレは・・・ちょっと落ち着かないだろうなw

| | コメント (0)
|

2009年11月30日 (月)

Mac Fanでジェットストリームアタック!

Mac fanというMac専門誌のいちコーナー

「プロのおてなみ拝見」

というグラフィック関連の企画があるのですが、今回はなんとガンダム。


WEBマガジン「DEKIMAGA」の特集企画「ガンダムの名場面をリアルに再現する」のコーナーのために作成されたものの技術をプロが解説してくれるというもの。

(リンク先は購読者限定)

手がけたのは宮本氏という根っからのガンダムファンだそう。


まあ、その技術の素晴らしさはともかくw

そのできあがりが素晴らしいのです。(・ω・ )


ジェットストリームアタックで、最初のドムを乗り越えて2台目のドムのバズーカの玉をかわすシーン。

それをドム側の右後方から見た場合の再現図。

こんな角度ではもちろんアニメではなく、また背景もほとんどなかったシーンです。


ガンダムがドムを乗り越えてくる姿がものすごくかっこいいのですが、その後ろ!

ガンダムとホワイトベースを守ろうとするミデアが夜明けの逆光の中見えるのです。


私はもうここで決壊( ´;ω;`)ブワッ

マ、マチルダさぁぁぁぁん・・・!


これは素晴らしいものを見せてもらいましたね。

| | コメント (0)
|

2009年8月 2日 (日)

宇宙戦艦ヤマト実写版の噂

この噂。

正気ですか?(ケンコバ風)


木村拓哉、実写映画版「宇宙戦艦ヤマト」に主演か?

もうリンク先の配役とかを見てみるとファンとしては心配が増しますよ。

「主役が年取り過ぎ」「実写でやったら、ただのコスプレ」とか言われてるようだが・・・。
気になる『ヤマト』実写化

アニメは子供向けという事で全般的に年齢設定が若すぎるところはあるが、私も30過ぎた古代(アニメでは確か10代では?)はどうかと思う。逆に20代でこの人!ってあげられるひとがいないということかもしれません。

若いときの彼の見た目なら古代も合ったかもという気がしなくもないが、彼は彼の色しか出ないので原作付きは厳しいような気がする。

あのヤマトのクサいセリフはアニメだからいいのであって、役者に生で言われると引きそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月28日 (火)

光る宇宙

これはタイトルだけでわかる人が読んでください・・・・(´Д⊂グスン


うっかりBSで放送中のものを見てしまった!

もうグチャグチャになっちゃうからできるだけ見ないようにしてたんだけど。


あのララァの最後の悲鳴でやっぱり決壊しました( ´;ω;`)ブワッ


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月24日 (金)

NHKもガンダム

ガンダムのネタが続きますが、30周年ということでね(*゚▽゚)ノ

NHK-BSではこの7月末はガンダム番組のラッシュ!

BS熱中夜話
ガンダムナイト(前編/後編)

ガンダム宇宙世紀大全
5夜連続、約20時間にわたり、未来の歴史絵巻「宇宙世紀シリーズ」を大特集。
アニメ作品をたっぷり放送するのはもちろん、多彩なコーナーを設けてその魅力に迫る。

豪華なゲスト陣も見所ですが、個人的には出演者のおしゃべりのコーナーの時間が少なすぎるように思う。

この手の番組を見る人は、もう何度も本編を見てる人だと思うので、アニメの放送は無しでかまわないと思う。それだけで予算も時間も食ってるような気がしますね。どちらかというとアニメ夜話的な討論を延々とやってほしいかなぁ。

そうなると熱中夜話に期待したいところですね。土田晃之さんと井上伸一郎さんに期待。

それと「ドキュメント・アニメ新世紀宣言」は見逃せないなぁー。

なんか時代が変わった気がするんですよね。自分まったく関わってないし当時知らなかったけどw ガンダム前にはヤマトしかなかったわけで、この頃から日本のアニメが変わった気がする。なんかそんな熱い空気があったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年7月20日 (月)

祝ガンダム30周年無料動画配信

ちょっとはみ出ちゃってますがw

機動戦士ガンダム30周年ということで日本中が盛り上がっております!

遅くなりましたが、今日20日から8月31日まで毎日1話ずつ無料配信され、なんとブログに貼ってOKという太っ腹企画。

そこら中で再放送されたりしてるので、もう今更ということで大放出かな?w

なお、自分は生涯のベストワンの映画は?と聞かれたら迷わず「ファーストガンダム3部作」と答える男ですw


なぜ、30年たった今でもこうして熱く支持されるのか。

ただの巨大ロボットアニメではないといわれるのはなぜか。

今でもガンダムと呼ばれるアニメが放映され、

ガンダムのセリフのひとつひとつが名言としてネットにあふれ、グッズの販売が続き、お台場には1/1スケールの実物大ガンダムが立つ。

まだ見てない人は、この機会にガンダムに触れてみてほしいですね。

記念サイト
http://www.gundam30th.net/

Yahoo特設サイト
http://gundam.yahoo.co.jp/

バンダイチャンネル(上の動画はココから)
http://www.b-ch.com/

GREEN TOKYO ガンダムプロジェクト
~「ガンダム 緑の大地に立つ」~
http://www.greentokyo-gundam.jp/

自分で撮影したのではないのが残念ですが・・
お台場の潮風公園に立った18mの実物大ガンダム、会場は平日でも人だらけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年6月11日 (木)

ガンダム、お台場に立つ。(もうすぐ完成)

ガンダム放送30周年を記念して行われてるプロジェクト「高さ18メートルの“原寸大”ガンダム像建設」がいよいよ大詰めで、ついにその姿を表したそうです!

<機動戦士ガンダム>「台場に立つ」18メートルの雄姿現す


いや、これは絶対見に行くでしょう( ̄ー ̄)ニヤリ

1/1原寸大で、しかも全身で立ってるんですよ!


孫の代まで自慢できますw


7月11日はお台場に集合です!(◎´∀`)ノ


個人的にはSEEDや00よりも期待してる「ガンダムUC」が待ち遠しいなぁ。ファースト好きだとやっぱり安彦良和キャラデザだと萌えるw

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2009年3月18日 (水)

ファーストガンダムのリメイク希望

懐かしいアニメの話題があったので、普段思っていたことをちょっと書いてみる。(どこかで書いてたかもしれませんが)


アニメのリメイクなら絶対やって欲しいのがファーストガンダム。


映画版でなぜか音声だけすべてリニューアルした「特別編」というのがありましたが、個人的にはSEや思い入れのあるシーンで挿入歌が違ったりして、それはもうかなりのガッカリ感だったのを覚えています。

音がいいとか、サラウンドだとかそんなことどうでも良くて、もう、思い入れが強すぎて、私にはその台詞のニュアンスひとつひとつ、BGMのすべて、入るタイミングまで脳内にインプットされてしまってるので、少し違うだけでもう頭の中で拒絶が起きてしまいます。


ではなぜリニューアルか。

素晴らしい作品だったことはもう誰もがご存知だと思いますが、残念なのは、当時の低予算アニメなので絵がかなり酷い。使い回しも多い。

そこで、提案。

今の技術を使って、当時の音声をそのままリマスターするとして、映像の方を最新のものに入れ替えるというのはどうでしょう? つまり音声別物の特別編の逆をいくわけです。

そこは、安彦良和さんのキャラは崩さすに。(できたら参加して欲しい)

もうカットも全部当時のままで。


「THE ORIGIN」の映像化でもいいんですがw

後、放送当時に打ち切りによって失われたニュータイプ編の数々のストーリーを見てみたい気がするので(エンディングはあのままで)テレビ版での復活も見てみたいです。

全国に1億人のファンを持つと言われるw ガンダムについて語るのは非常に恐縮ですが、ぜひお願いしたいです。


Wikipedia「機動戦士ガンダム」

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

宇宙戦艦ヤマト」の新たなる劇場版2009

いつも見ている「GIGAZINE」さんに目を疑うような記事が・・・

東北新社が「宇宙戦艦ヤマト」の新たなる劇場版を始動、年内に公開予定 in TAF2009


エエエエエエェェェェ!? ( ̄□ ̄;)マジデ??


大丈夫なんだろうか?


・・・と多くのヤマトファンが思ったに違いないw


あの完結編からもう25年も経ってるんですかぁ。

じゃ、完結じゃないじゃん。

私のように宇宙戦艦ヤマトに育てられたも同然のような旧世代アニメファンには何とも動揺を隠せないニュースでした。

999のエターナル編には手が出せないでいる私ですが、これは見るかも・・


つーか、古代進は誰が声をあてるんでしょうか?

あの名優亡き後、誰がやっても違和感が・・・・
(モノマネだけはやめてね)


そういえば、アメリカ実写版が大変なことになってるドラゴンボールのアニメ版「Z」がテレビ版でリニューアルということで、なんと4:3の上下を切って「リマスター/ワイドHD放送」らしいですねw
ドラゴンボール改

「鳥山明オリジナルカット版」ということなので、おそらく放送当時に原作に追いつかないように余計な話ややたらろ引き延ばしばかりしていてグダグダだった部分を「カットする」ことでテンポアップさせるんじゃないか、と言われてるようです。個人的にはZでなく最初からやればいいのに、と不思議なのですが?


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年9月29日 (月)

イタズラなKISS 最終回

実質最終回はやっぱり前回だったのかな、と思う内容でした。

直樹の母の実家九州へ行く話はもっと前のこと(ここでは回想として)だったので、もしかしたらボツネタをスペシャル再編集で付け加えたのでは?と思える感じ。

まあ、このお話も好きなんだが、琴子の母の実家に行く話も好きだったんだけどなー。


この部分は多田かおる先生には関係ないはずだが、娘とのバトルはやっぱ多田先生のアイデアだろうな。


なんにしても、エンディングのとおり。素敵な物語を見せてもらってとてもハッピーです!!

イタKISS フォーエバー! 
まや原作読もうかな!ヽ(´▽`)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|